ヒッピー☆マリー・アントワネット
a0034031_19153814.jpgちょっと旬をすぎた話題ですが、「うわーーーっ終わっちゃう・・・」と思いながら、かけこみでマリー・アントワネットを観て来ました。

ベルばらをくり返し読んで育った日本人女子としては、ややもの足りない感はあったけど、キレイな色の洪水にうっとり(ちなみに写真の濃いピンクのドレスがいちばん好み)。

でも・・・・・それよりも、何よりも、感心したのが、プチ・トリアノンでのシーン。

アントワネットが気のおけない数人の女友達とともに窮屈なヴェルサイユから離れて、彼女専用に建てられた隠れ家「プチ・トリアノン」でおもしろおかしく過ごすんですが、

出てくるのはひたすら
陽光、田園風景、ニワトリ、牛、花、池、風・・・・

時間の流れはゆっくりしていて、セリフもほとんどない。惚けた顔のアントワネットが、池に浮かんだボートにのって流されて行くシーンに、ものすごいヒッピー臭を感じました。ここだけ抜き出したら、立派なヒッピームービーだよな〜。ロココなのに、フラワーチルドレンって。やっぱりキルスティンの顔とか雰囲気から、そう感じるんでしょうか。それともアメリカ人が作った映画だから?ソフィアのロック魂がそうさせてる?個人的にはいちばん好きなシーンでした。
a0034031_19155385.jpg
フェルゼンとの恋のエピソードはもっと盛り上げてほしかったな。ええっ!これだけ?!みたいな。

特につきささるものはないけど、桜沢エリカさんの漫画みたいにライトでおしゃれで、「なんかよくわからないけど、フランス王家に嫁がされちゃった女の子」のとまどいや日常をうまく描いてる映画でした。

でもソフィア・コッポラっていつも、親やダンナに理解されなくて、精神的に孤立してしまう女の子の映画ばかり作りますね。それが彼女のオブセッションなのかしら・・・。
[PR]
by aomisa | 2007-02-26 19:21 | 映画・アート・音楽・本
<< kirakira☆mirror! もろもろ発売です >>



イラストレーター・アオノミサコのBlog
by aomisa
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
★月刊PHPにて猫の漫画とショートエッセイ連載中

★LAURIER PRESSにて女子向け漫画&コラム執筆中

★LINEスタンプ「きまぐれデビルちゃん」発売中!


★コミックエッセイ「五感ゆるゆる わがままセラピー入門」発売中


紙媒体・Webなどでイラストや文章、漫画などを描いてます。

日々の雑感。ホリスティックな生活。美容。猫。読書・音楽・映画・アート感想記。お仕事の告知 etc

★メインサイト aonomisako.com
★twitter @misakoao
★別ブログ
鏡の国のタロット

※本ブログのイラストの無断使用を禁止します。イラストの著作権は作者に帰属します。(ブログで記事として取り上げていただくぶんには、OKです)

カテゴリ
映画・アート・音楽・本
サーフィン
宇宙トーク
美容・健康トーク

Girls! Girls! Girls!
キラ☆キラ
お仕事情報
日記
つぶや記
さまよい記
プロフィール
その他
以前の記事
2017年 03月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧