わたしは本を読むのが遅い
20年以上ぶりに、アイザック・アシモフの小説を読んでいる。暑い中、少しでも頭の中をクールにしようかと思って。「変化の風」という短編集なんだが、読み進むのにえらく時間がかかっている。

子どものころのわたしは絵に描いたような本の虫で、漫画・小説・推薦図書・図鑑・ハウツー本とジャンルは問わず、つねに何かしらの本を読んでいた。その乱読ぶりはすさまじく、移動図書館で12冊くらい本を借りるとすると、次の日までにはすべて読み終えてしまって、手持ちぶさたになってしまうほどだった。

そうすると今度は、家の中のありとあらゆる印字されているものを読みあさるのだ。市民報、父親の日曜大工の本、家庭の医学書、マナーの本、環境問題や化粧品の害に対する報告書(家が生協に加入していたので)、婦人雑誌、新聞屋の家庭報、家の建て替えについての本、食品パッケージの裏に印刷されている商品に対するうんちくと原材料・食品添加物の名前、etc・・・・・・・。何でもかんでもなめつくすように読むさまは、まさにバキュームという言葉がピッタリだった。子どものころのわたしは、重度の活字中毒であると同時に雑学王だったのだ。

そんなわたしが、中学1年生くらいを境にまったく本を読まなくなってしまった。理由は単純で、近眼が進んで本を読むと目が疲れるようになったから。そのころはもう部活で忙しかったし、ラジオを聴きながら絵を描くことが最大の楽しみになっていたので、本は必要としなくなっていた。

再び本を読むようになったのは20歳前後のこと。でも、明らかに昔よりも読む速度が落ちている。というより、読書に集中できない。ひとつの単語からあることを連想して、気がついたらすっかり本と関係ないことを考えてるなんてのはしょっちゅうで、たった2ページに30分かかることも少なくない。いつからこんなにアホになったんだろう?何でもすらすら読んでいた小学6年生のころがなつかしい。漫画にいたっては、昔から早く読めない。1コマ1コマ、すみずみまでじっくりと絵や背景をながめてしまう上に、印象的なコマは戻って見かえしたりしてるので、進まないこと山のごとしだ。

話はもどって、この「変化の風」は下世話な興味をそそる本だ。

というのも、一作一作にアシモフ自身が書いたときのいきさつや思い出話をつけてるんだが、『○○社からこの短編の依頼があったが、他誌との関係で載せられなくて・・・』とか『大笑いしながらこの短編を書いて編集長に送ったが、彼の反応はおもわしくなかった』とか『○○誌からは魅力的な原稿料が提示された。私は生活費を稼ぐ必要があった』とか、すごく生々しいのだ。当時のアメリカの出版事情が手に取るようにわかる。あれくらいの大物でもけっこう大変だったんだなと思うと、なぜかにんまりしてしまう。意外なことに、ファッション誌から依頼されたりもしてるのね。もちろん本筋の小説のほうも面白いんだけど、この本、すでに絶版らしい。
[PR]
by aomisa | 2004-07-23 04:53 | 映画・アート・音楽・本
<< 禁煙と禁海は似てる アフター日焼けの極意 >>



イラストレーター・アオノミサコのBlog
by aomisa
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
★月刊PHPにて猫の漫画とショートエッセイ連載中

★LAURIER PRESSにて女子向け漫画&コラム執筆中

★LINEスタンプ「きまぐれデビルちゃん」発売中!


★コミックエッセイ「五感ゆるゆる わがままセラピー入門」発売中


紙媒体・Webなどでイラストや文章、漫画などを描いてます。

日々の雑感。ホリスティックな生活。美容。猫。読書・音楽・映画・アート感想記。お仕事の告知 etc

★メインサイト aonomisako.com
★twitter @misakoao
★別ブログ
鏡の国のタロット

※本ブログのイラストの無断使用を禁止します。イラストの著作権は作者に帰属します。(ブログで記事として取り上げていただくぶんには、OKです)

カテゴリ
映画・アート・音楽・本
サーフィン
宇宙トーク
美容・健康トーク

Girls! Girls! Girls!
キラ☆キラ
お仕事情報
日記
つぶや記
さまよい記
プロフィール
その他
以前の記事
2017年 03月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧