カテゴリ:宇宙トーク( 24 )
施食会
先週は、父がお墓に入っている寺での施食会に参加。

-施食会(せじきえ)とは?-
曹洞宗において、亡くなってまもない魂が迷わないように供物をそなえて、あの世に誘導するお盆の行事。特に新盆を迎える家がメインだが、そうでない家も参加自由。

だそうです。

いちおう自分の家は曹洞宗なんですが、自分自身、特に何かの宗教を信じているわけでもなく、単純におもしろそうという理由で行ってみました。外国人が観光するような感覚で。
a0034031_19593075.jpg
お寺といえば、6月に叔父が亡くなった時、曹洞宗の総本山、鶴見の総持寺で告別式をやったのですが(叔父は総持寺関係のお坊さんだった)、何十人ものお坊さんが一斉にお経をあげると、場にものすごいパワーが生じるんですよ。背骨のあたりに何かがグワーーッとこみあげるというか。全身ゾクゾクしっぱなしで、不謹慎ながら葬儀の間中、ずっと気持ちよくなってました(叔父の死は悲しかったけど)。かなりのトランシーな空間。ボアダムスのライブみたいなもんです。

あの感覚が忘れられなくて、のこのこ行って来たわけです。はたして、今回も同じような感覚を味わえて、至福。お坊さん軍団が列をなしながら、本堂に入場して来る感じとか、よかったなあ。それぞれが内側を向いて位置に着くと曼荼羅っぽくなって、これはやっぱり宇宙の真理を表してるのかしらとか、いろいろ興味はつきなく。

檀家の女性たちが鐘を鳴らしながら歌を歌うプログラムもあったけど、やはりグッと来るのは、ダミ声ともつかないようなしわがれた声のオッサン軍団のお経。

ハワイで15年住職をしていたお坊さんの法話が噺家みたいでキャラクターも含めて面白く、片や、日本国内でずっと偉い地位でマジメにやってたんだろうなぁみたいな人は、顔からして「専務」って感じで面白みがなく、お坊さんといっても色々。

いつか数百人レベルのお経も体験してみたいんだけど、高野山とか行けば、味わえるのかしら?

※画像はどっかから拾ってきた、ダライラマ
[PR]
by aomisa | 2007-09-24 20:05 | 宇宙トーク
「麻」でシンクロ
変な偶然が起こるときって、年に1回くらいありますよね。

a0034031_3291060.jpg土曜日、GF@非常口に顔を出し、オーガナイザーCさんとココロカフェで軽くゴハン。Cさんの飲んでたHEMPビールから、下北沢にある麻料理の店、「」の話に。確か7〜8年前に行ったきりだなぁと。そして今日別の友達としゃべっていて、話の流れから、また下北沢「麻」の話題が。偶然にもわたしはその後、個展のフライヤーまきに下北に行くことになってた。1〜2年ぶりくらいに。

下北で雷雨に遭いつつ、あらかたフライヤーもまいた。あんまり寝てないし帰ろうかな〜と思った瞬間、急に下北在住の映像作家、Yちゃんの顔が浮かんできたので、電話してみた。3年ぶりくらいに。

彼女は下北で打ち合わせ中だったので、ジャズ喫茶「マサコ」で、お茶しながら待つことに。が、小一時間いる間に冷房で身体が冷えてしまい、Yちゃんから電話も来ないし、やっぱり帰ろうと、とりあえず外に出たところ・・・・

あ、そうだ、「麻」ってこの近くだったよなと、半ば無意識に「マサコ」から1本隔てた小道に入ってみた。20Mくらい歩くと、はたして「麻」はまだ存在していた。おお!と1人で盛り上がっていたとき、目の前で声が。

「・・・アオノさんっ?!」

More
[PR]
by aomisa | 2007-07-30 03:14 | 宇宙トーク
身体が先か、意思が先か
a0034031_234532.jpg「身体感覚は人格に影響するのか?」
「その人を作っているのは、精神か?それとも肉体か?」
「肉体的体験は、精神にどう作用するのか?その逆は?」

というようなことを常に考えています。
身体弱々なことと、子どもの頃から、いわゆるふつうの女の子的なことに違和感をおぼえてきたせいかしらん。これは自分のライフワークでもある。

で、先日のとくダネ!の、最新ロボット技術に関する特集がおもしろかった。


最新の義手ロボットは、なんと「意思の力」で動くらしいです。

実験では、事故で手首から先を失った女性が、自分の手のようにペットボトルのお茶を持って飲んでいた。時間差はあったけど、とっても自然な動き。手があった時の感覚で「ペットボトルを持とう」とすると腕の筋肉が動き、その微妙な動きがロボットに伝わって実際につかむことができるんだそう。

ヨガでも「背中に呼吸を送ってください〜」「丹田を意識して」なんてセリフはよく出てくるけど、意識することによって、そこにエネルギーが送られるんだろうな。

続きを読む
[PR]
by aomisa | 2006-08-06 23:07 | 宇宙トーク
蟹座、バッチ来ーーい!
久保が代表からはずされて、ワールドカップへのテンションが半減した今日このごろ。

ところで、相性のいい星座・悪い星座ってありますよね。

わたし(天秤座)の場合は「蟹座」と相性がいいらしく、昔から気持ち悪いことに、つき合う人やアプローチかけてくる人の8割が蟹座なのであります。この現象は18年ほど前から続いていて、特に選んでいるわけではなく、後から知って毎回驚くんですが。

そしてここ数年は、恋愛がらみでない蟹座もググッと増えて来ていて、連載の担当さんからサーフィンの師匠、懇意にしてる占い師さん、今やってる大きめの仕事のクライアント社長まで、そろって蟹座。今年に入ってからも、男女問わず、3人くらい知り合ったんじゃないだろうか。

はっきり言葉にできないんだけど、なんか居心地いいな〜
楽だな〜、昔から知ってる気がするな〜という時は、
相手はたいてい蟹座。
てことは、向こうもきっと居心地いいんでしょうね。

続きを読む
[PR]
by aomisa | 2006-05-16 05:03 | 宇宙トーク
風水について思うこと
a0034031_12164283.jpg風水 原理を生かす---幸運なツキを呼ぶ仕事と生活の知恵」ラム・カム・チュアン著

最近図書館で借りて面白かった本。
占いや神社巡りやスピリチュアルなことには興味津々な自分ではあるけれど、一方では完全にはそういうことを信用していないフシもある。だって、いきなり「西の窓際に赤いモノを置くと恋愛運がアップ!」なんて言われても、ハァ?と思ってしまう。話が飛躍しすぎっていうか。そこんとこ、もうちょっと説明してよって感じで。

で、この本はそんな疑問に、ある程度答えてくれる。

風水の歴史やエネルギー論をふまえつつ、合理的・実践的な説明中心に書かれているので、ものすご〜くわかりやすいのだ。例えば、北京の紫禁城、バッキンガム宮殿、ルーブル美術館などを引き合いに出して、その意味合いと、「彼らがどう発展し、衰退したか」まで解説してくれている。

あと、一般的な部屋におけるエネルギーの通り方を、イラストを使って説明している部分が面白い。へえ〜、エネルギーって絶えず移動してるんだぁ。水回りやキッチンの位置が重要っていうのも、こういうところから来てるのね。家が角にあるか、通りのどの位置に面しているかでも、その家が外部から受ける影響は全然ちがうらしい。同じ部屋の中でも、座る位置が1メートル違うだけで、気分や仕事の能率が全然ちがってくるんだとか。確かに、電車の中で隣にどんな人が座ってるかで、気分もちがってくるもんなあ。

この本によれば、家を建てるのにもっとも適した環境は、「背後に山、やや空間(庭)をとった目の前に水、右側に木、左側にそれよりもっと背の高い木」なんだそうだ。これがエネルギーの流れ的にベストとか。これを動物に例えて、前が不死鳥(遠方まで見渡せ、知覚力にすぐれる)、後ろが亀(どっしりと安定感がある)、右がトラ(防護と攻撃に長ける)で、左が龍(神聖さと賢明さを持つ)とし、この原理は何にでも(例えばオフィス環境にも)当てはまるとしている。
これって結局は、「自然災害から守られ、侵入者が入りにくく、生命の源(水)がすぐ近くにあり、空気の循環がよく、暮らしやすい環境」ということなんだと思う。例えば、「原始時代だったらどんな場所に住むのがベストか?」と考えてみれば、一発でわかる。複雑になりすぎた現代ではなかなか実感できないけど、風水って元をたどれば、究極のサバイバル術だったのだ。とってもシンプル。

10年近く前、おもしろ半分で受けたパワーストーン・セラピーの人に、こう言われたことがある。

「あなたには圧倒的に緑の要素が不足している。
 パソコンの脇に観葉植物を置いて、エネルギーを分けてもらうといいわよ」

その時は今より物がわかってなかったので、なぜ植物なんかでエネルギー補給できるのかさっぱりわからなかった。いちおう小さな鉢植えを買ってはみたものの、慣れないこともあって2週間ほどで枯らしてしまったっけ。今なら、物体はそれぞれ固有のエネルギーを持ってることがわかるけど。
よい食事が、食べ物からよいエネルギーを取り入れる方法なんだとすれば、風水は、環境からよりよいエネルギーを取り入れる健康法ってことなのかもしれないな。健康になれば恋愛運も仕事運も自然にアップするしね。
[PR]
by aomisa | 2006-01-20 13:10 | 宇宙トーク
太極拳続報
a0034031_594087.jpg2回目以来、行くヒマがなくてまだ進んでいない太極拳。

ここに詳しいことがいっぱい書いてあるんだけど、
http://www.kjps.net/user/eyeland/daitiiryo/023kikotaiken.htm

頭のてっぺんには百会というツボ(おそらく第7チャクラ)があって、ここから宇宙のエネルギーを取り入れたり、逆に自分の気を宇宙に放出したりできるんだそうだ。 そっから入った気が、手の動きに誘導されて、どんどん丹田にたまっていくと。

そうそう!!
太極拳やってると、もともと自分の中にはどこを探してもそんなエネルギーはなかったはずなのに、時間と共に全身に気がみなぎっていくんだよね。 太極拳ってラジオ体操みたいなものと思ってたけど、 実は宇宙からパワーをもらえる、ものすごい秘術だったのかも?!
中国4000年の歴史、恐るべし。
何年も修行すると、各臓器を色で染め分けることもできるようになるそうで・・・
なんだか奥が深くてすごすぎる。

そして、
「ビリビリと感じたり、磁石のように両手が反発する、重く感じるなど人によっていろいろだが、何か変化を感じるはずだ」 との記述が。やっぱり手の磁石は、思いすごしではなかったようです。

家でやろうと思ってDVDを買ったのですが、ヨガとちがって太極拳は家向きではないことが判明。まず四方八方に回転しながら動くので、画面を見ながらというのが不可能。次に、動く範囲がかなり広いので、ふつうの住宅だと無理がある。
ということで、マメに教室に通わなくっちゃ〜〜〜
[PR]
by aomisa | 2005-06-17 21:25 | 宇宙トーク
雪と地震はおともだち?
今、外、雪になってますね。

前回雪が降ったときは(2/24から25の早朝にかけて)、ちょうど満月だった。
満月+雪のセットだったので「こりゃ来るな」と思ってたら、やっぱり明け方にグラッときた。
震度1くらいだったので、翌日はぜんぜん話題にならなかったけど。

冬場の地震って、必ず雪とセットになってる気がする。
やっぱり急激に地表が冷やされるから、ゆがみが出るんだろうか?
今回も来るのかなー。フリース着て、靴下はいて寝なきゃ。
[PR]
by aomisa | 2005-03-04 03:42 | 宇宙トーク
新年!
a0034031_5502891.jpga Happy New Year!!

って、いまさら何言ってんだって感じですが、昨日は月が新月になり、旧暦的にはここからが新しい年の始まり。西暦と旧暦のダブルスタンダードで生きてる身としては、2回目のお正月です。特に何もしてませんが。

昨日今日とけっこう春の兆しが見えてきてるけど、「新春のお慶び申し上げます」っていう文句も、この時期だとまさにぴったり。もう日本も、旧暦にもどしてしまってはどうかな?

名より実を取るってことで。
[PR]
by aomisa | 2005-02-10 05:56 | 宇宙トーク
「太陰暦」買いました
a0034031_0391062.jpgロフトに行ったら、もう来年のカレンダーが売られていた。早いなあ、1年。高速でビュンと過ぎていった感じ。で、「太陰太陽暦」というのをみつけたので、購入。

最近、「太陰暦」(月の運行が基準の暦=旧暦)が自分の中ですっごく盛り上がっている。

ふだんは太陽暦で過ごしているわたしたちだけど、日本人(東洋人)にはなんとなく太陰暦の方が合うんじゃないかという気がするのです。根拠はなく、勘でそう思うだけなのですが。

月を意識しはじめたのって3〜4年前くらいからかなあ。もともと自分のバイオリズムには敏感な方なのですが、ある時期からどうやらそれが月と関係あるっぽいことがわかってきた。新月前後はくよくよと鬱っぽくなり、満月前後はやたらと殺気立ってイライラする。この時期は身近な人とケンカをしやすいし、仕事上でも小さなミスとかトラブルが多いように思う。で、3年前に家族と再び暮らしはじめてから、さらに確信は強まった。機嫌が悪い日はみんないっせいに機嫌が悪くなる!しかも、たいていは新月・満月前後という合致ぶり!この現象は自分だけじゃなかったのだ。そうかー。事故や出産が多いのもこの時期だしね。

これはその名の通り、太陽暦と太陰暦の両方の日付が書かれた、ハイブリッドなカレンダー。今までは、スケジュールが書き込める大ぶりのカレンダー(伊東屋とか能率協会のシンプルなデザインのもの)と月の運行表と2つ買っていたのですが、面倒なので2005年は1つにまとめることに。デザイン的にはちょっとゴチャゴチャしてるんだけど、まあいいか。潮汐ものってるのでサーファーのみなさんにもおすすめです。
ここからも買えるみたい。(なんだかタイアップ記事みたいになってしまった)
[PR]
by aomisa | 2004-11-20 01:30 | 宇宙トーク
朝焼けは地上の入り口。夕焼けは黄泉の国の入り口。
夜明けがずいぶん遅くなった。
朝のしんとした空気が気持ちよかったので、仕事を中断して夜明けの散歩。まだ日が昇りきっていなくて、東から差すうっすらとしたオレンジ色の光を見ていると、自分がどこに立っているのか一瞬わからなくなる。動いているのは、発情した猫と牛乳屋の車だけ。8月下旬とはいえこの時間、半袖で歩くとぶるっと来る。

私は世間とはズレた生活を送っているので、まったくもってふざけた時間にふざけたことをしていることが多い。午後4時頃「朝風呂」に入り、夜10時頃「昼寝」をし、夜中の3時におやつを食べる。一応心身の健康のために、2〜3日にいっぺんは夕方に散歩することにしてるんだが、さっきの夜明けの散歩といい、気がつくと地平線に近い太陽ばっかり見て暮らしている。自分でも気がつかなかったけど、わたしは北欧の人だったのだ。知らなかった。

昼と夜が入れ替わる時間帯っていうのは独特で、あらゆるエネルギーが一斉に切りかわるためか、空気がどよめくというかゆらぐというか質が変わるというか、言葉で説明するのは難しいけど、とにかく身体の表面がザワザワと掻き立てられる。だから、やたらと歩きたくなってしまうのだろう。そしてそんな中途半端な時間が大好きだ。

ほんの7、8年前くらいまでは、怖くて夕焼けが見られなかった。これは自分でもまったく原因がわからない。あの赤い空を見た瞬間に、ものすごい不安感というか切ない感というか、おそろしげな感情が襲ってきて、やりきれなくなるのだ。子供がオバケを怖がるのに近いような気持ち。夕焼けを「キレイだなあ」と余裕カマして見ていられるようになったのは、いい大人になってからのこと。自分でも気がつかなかったけど、わたしは原始人だったのだ。知らなかった。
[PR]
by aomisa | 2004-08-21 07:28 | 宇宙トーク



イラストレーター・アオノミサコのBlog
by aomisa
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
★月刊PHPにて猫の漫画とショートエッセイ連載中

★LAURIER PRESSにて女子向け漫画&コラム執筆中

★LINEスタンプ「きまぐれデビルちゃん」発売中!


★コミックエッセイ「五感ゆるゆる わがままセラピー入門」発売中


紙媒体・Webなどでイラストや文章、漫画などを描いてます。

日々の雑感。ホリスティックな生活。美容。猫。読書・音楽・映画・アート感想記。お仕事の告知 etc

★メインサイト aonomisako.com
★twitter @misakoao
★別ブログ
鏡の国のタロット

※本ブログのイラストの無断使用を禁止します。イラストの著作権は作者に帰属します。(ブログで記事として取り上げていただくぶんには、OKです)

カテゴリ
映画・アート・音楽・本
サーフィン
宇宙トーク
美容・健康トーク

Girls! Girls! Girls!
キラ☆キラ
お仕事情報
日記
つぶや記
さまよい記
プロフィール
その他
以前の記事
2017年 03月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧