カテゴリ:美容・健康トーク( 53 )
マーメイドセラピー その3 【意識を持っていく練習】
ちょっと間が空いてしまいましたが、マーメイドセラピー3回目の記録です。

2度目を受けた後、2〜3日は身体が伸びている感覚と、軸がまっすぐになっている感覚を楽しんでいました。その後は身体が慣れてしまったのか、日々の生活に埋没してしまったのか、特に何も感じることなく過ごしていたのですが……10日くらいたったあたりからかな。生活の中で、「あれれ?」と思うことがポツポツ出てきました。

それは、2回目の直後にも感じたこと。
バッグを肩にかけるのが、とにかくイヤなんです。それで荷物が多いときでも、バッグや紙袋を両手にぶら下げて歩いてました。なんていうのかしら。自分自身がハンガーにかかっている感覚。この気持ちよいぶら下がり感をずっとキープしたいわ〜〜と思ってました。気のせいか、首がのびたような視界が高くなったような感覚もあり、キリンってこんな気分なのかな〜とか、背の高い人ってこんな気分なのかな〜なんて想像する毎日。かなり面白かったです。きっと身体の重心がまっすぐになってたんでしょうね。
a0034031_12216.jpg
そして3月半ばに、3回目のセラピー。
この日は事前から、肩周りを中心にやろうとセラピストさんと話し合っていました。私の肩はおそらく世界チャンピオンレベルで硬いです。ええ。そんじょそこらのマッサージや整体では太刀打ちできないことはわかっているし、ここでも1回でどうにかしてもらおうなんて思っていません。でも、どんな変化が起こるかは見てみたい。

というわけで、いつも通りの手順でワークが始まり、半覚醒の世界へ。
いつものようにいろいろな動きをし、セラピー半ばで、今までやったことのない動きが始まりました。

私の身体から1〜2センチ離したところにセラピストさんが手を置き、そちらに向かって身体を伸ばすのです。私の足の方にいるセラピストさんに向かって、足裏を伸ばす。顔の左右に少し離して手をおかれて、顔を左右にゆっくり傾ける。あちこちにセラピストさんが手をおき、誘導されます。

そしてセラピストさんが私の頭上に手を持ってきました (寝た状態なので、実際は上ではなく水平線上です)。「はい、こっちに頭を伸ばしてみてくださいね〜」。言葉が耳に入り、「ああ、上に頭を伸ばさなきゃ」と思った瞬間のことです。セラピストさんが「はい、いいですよ〜」と言いました。えっ?  私は上に伸ばさなきゃと思っただけで、実際にはまだ頭は動かしていない。手に頭が触れた様子もない。それとも、自分ではわからなかっただけで、実際は数ミリ程度は動いてたのかしら?

……と、そこで、雷に打たれたようにピーンと来ました。

続きを読む
[PR]
by aomisa | 2010-03-30 03:03 | 美容・健康トーク
マーメイドセラピー その2 【足首のシンクロ】
というわけで、さっそく忘れないうちにマーメイドセラピー2回目の記録です。
a0034031_5463030.jpg

この日は2月も終わりに近い頃。いきなり暖かくなって「春到来!」という空気に満ち満ちている日でした。セラピー前の雑談で、セラピストさんから「春は身体が開いていく時期なので、身体づくりには適してるんですよ〜」なんてことを聞きながら、「やったー!偶然だけどナイスタイミング!」と心の中でガッツポースをキメた私。

そして、もうひとつ変な偶然が。

その前数日間はあまり歩かない生活をしていたせいで(って、いつもだいたいそうなんですが)、前日の夜、両足首の前側にうずきのようなものを感じていました。ちょうどアキレス腱の逆側ですね。足の甲から伸びた、足首の部分。
ときどき私はものすごくピンポイントで身体を動かしたくなることがあり、「ん、今日はソケイ部がうずいている」とか「肩甲骨が反らしたがってるな〜」なんてことがあるんです。でも、足首の前部分なんかを動かしたくなったのは初めて。その日は「なんか変わった部分が反応してるな〜」くらいに思って、すぐ寝ました。

セラピストさんとの雑談に戻ります。

そういった話はいっさいしていないのに、ふいに足の骨格の模型をセラピストさんが持ってきました。「足はこんなにたくさんの骨が組み合わさって動いているんですよ〜。ヒールなんかを履いていると、ここの骨が緊張しっぱなしで固まっちゃったりするんですが…」と、前夜私の足がうずいていた部分を指すんです。げ。すかさず私は前夜自分の身体の同じ部分が反応していたことを言い、「じゃあ、今日は足を重点的にやりましょう」ということになりました。さすがにセラピストさんも驚いてたけど(笑)
a0034031_5464413.jpg
そしてベッドに横たわり、またゆらゆらと気持ちいいセラピーがスタート。
セラピー中はちょっと変性意識のようになっているのか、あまり細部まで憶えていないんですが、前回とは違う動きなんかも取り入れつつ進んでいきました。手の指先にちょっと抵抗を加えつつ脱力させたり、逆方向に軽く反らしたり。はたから見ているとほとんど動かしていないような感じ(1センチくらい?)ですが、これが深〜い部分まで作用しているそうです。きっと筋肉じゃなくて、違う部分に働きかけてるんだろうな。

すべてが終わったとき、身体がものすごく伸びているのがわかりました。

帰ろうと玄関に向かっているとき、セラピストさんが後ろから私の歩き方をチェックしつつ、「どうですか?」と聞いてきました。「背中の両脇の筋が、なんか反応してます!」と感じたままに言うと、「いいですね!足はそこからつながってるんですよ!」とのこと。へ〜〜やっぱり身体ってダイレクトだ。その日の帰りは、なんとなくバッグを肩にかけたくなくて、手にまっすぐぶら下げた状態で帰りました。バッグの重みが気持ちよかった。

前回はものすごく眠くなってしまったけど、今回はむしろしゃっきり。背筋もしゃっきりしつつ帰途へ。翌日起きたら、寝床の中でもしゃっきりしていたらしく(笑)、起きた瞬間から、身体が自然に伸びているのがわかりました。そしてその状態はとてもラクちん! どこにもムダな力が入っていないというか。あ〜いつもこんな状態だったら、どんなに快適だろう。いや、時間をかけてこの状態をふつうにしていくのだ。

というわけで、3回目に続きます。
[PR]
by aomisa | 2010-03-20 06:02 | 美容・健康トーク
マーメイドセラピー その1
さて。長らく放置気味だったこちらのブログを耕すときがやってまいりました。
春ですしね。いろいろ切り替わるときですよね。

どういうネタで耕すかというと、最近マーメイドセラピーというボディワークに通いはじめたので、その記録です。

ひょんなことで知り合った方がたまたまセラピストさんで、さっそく取材させてもらったところ今までとは違う手応えを感じたこともあり、本腰入れて通うことにしました。取材でもプライベートでも今まで散々ボディワークには行きましたけど、結局こういうものは、ある程度続けないと結果が出ないわけです。今までも「これはいい!」と思うものはいくつかありましたが、値段が高かったり、タイミングが合わなかったりして、通うまでには至らず。しかしこのマーメイドセラピーに関しては、大枚はたいて通ってもいいかなと思わされる何かがありました。
a0034031_4361266.jpg
まず、「身体を本来あるべき状態に持っていく」セラピーであること。
そしてギュウギュウと矯正したり、「あなたの身体の使い方は間違っている」というメッセージを暗にはらんでいたりしないこと。
ある程度通って身体のバランスがとれてきたら、ひんぱんに通う必要がないこと。
整体やマッサージなどは、ついつい「それがないと生きて行けない」状態になってしまうけれど、このセラピーは、そういうアプローチとは根本的に違う。最終的には自立できるような方向性がある。自分の身体との相性もよかったんでしょう。とにかく新しさと可能性を感じました。

…というわけで、、清水の舞台から飛び降りたつもりで、このセラピーで根本的に身体を変えてみる気に。

とても抽象的なことをやるしコンセプトも抽象的なセラピーなので、説明するのが非常に難しいんですが(だから、誰にでも「コレ絶対オススメ!通ってみて!」とも言いきれない)、こうしてブログに記録しながら自分の身体を見つめて行こうと思います。連載とは違う、リアルタイムの変化をお楽しみください。
(このレポートに合わせて、5年ぶりにコメント欄も復活です)

1月に行った第1回目のマーメイドセラピーは、こちらの連載からどうぞ。
五感ゆるゆる 女のセラピー道

上の写真のサロンはこちら Plumeria
[PR]
by aomisa | 2010-03-20 04:46 | 美容・健康トーク
インフル対策
最近はいい感じにフラフラしています。
鎌倉で友人のライブ、取材、友人が参加してるグループ展、週に1度のエジプト舞踊、8年ぶりに会う人との飲み、などなど…。インフルエンザ騒ぎもどこ吹く風で、出歩きまくってます(高田明美さんの個展は、清志郎騒ぎで行けなかった…)。しかし怖くないわけじゃないけど、騒ぎすぎじゃーないですか?インフルエンザ。先日は、都内に住んでいる妹が「もうこっちではどこにも売ってないから、マスクを買っておいてくれ」という電話をかけてきました。こっちにも、もうほとんど残ってないんだけどな…。

去年からアロマテラピーを本格的にやっているので、インフルエンザ予防のブレンドオイルを作ってみました。
a0034031_2234619.jpg
無印の小分け用のビンを買ってきて、ベースとなるオイルに、殺菌力の強いクローブ、レモン、ユーカリ、ティートゥリーなどをミックス。これを毎晩、喉と首周辺のリンパ、足の裏(全身の神経が集まっている)にヌリヌリしてます。あとは、これと同じ内容でベースオイルで割っていないものを作って、うがいのときに1滴コップにたらしたり(これがけっこうリステリン並みに刺激が強い!)。

これ以外にも、肩こり用、セルライト用、バストケア、花粉症用、お腹が張ったとき用などを作って、体調によって使い分けております。花や果実・草木の香りに包まれて眠ると、幸せな気持ち〜♪
[PR]
by aomisa | 2009-05-24 02:40 | 美容・健康トーク
YOGI TEA
a0034031_263683.jpgまた一段と寒くなりましたね。元々冷たい飲み物は苦手なものの、こうも寒いとレストランで出された水さえ苦痛です。

最近は、このYOGI TEAがお気に入り。去年の秋にここで買ったもので、私が飲んでいるのはWoman's moon cycleという種類。PMSの症状に効くものです。生姜、カルダモン、シナモン、ブラックペッパー、クローブなどがブレンドされていて、身体が芯から暖まります。体質に合っているのかとても美味しく感じるので、もう生理の周期とかに関係なく飲んでます。

しかしここまで寒いのに、素足にヒール靴で歩いている女の子をけっこうな割合で見かけるのは、どういうことなんだろう? 身体はおかしくならないんだろうか? 私なら、2秒でギブアップする。オシャレにもほどってもんがあるよ! 女の子は絶対に冷やしちゃダメダメ!!
[PR]
by aomisa | 2008-02-14 02:18 | 美容・健康トーク
アーユルヴェーダ
夏が終わり個展も無事終わった今、自分メンテにハマっています。

スリランカ式のアーユルヴェーダ・サロンで、アビヤンガのフルトリートメントを受けたり(至福!)、慌てて食生活に気をつけはじめたり、寝れるときはとにかく寝たり。準備も含めた個展期間中は、自分のことはかなりおろそかにしていたので、失った分を取りもどすいきおい。季節の変わり目だし、漢方も再開しなくては。
a0034031_4374868.jpg
ところで、アーユルヴェーダはかなり自分の体質に合っていると感じています。もともとすぐに気が上がりやすく、ちょっとやそっとのマッサージくらいでは身体がなかなかほぐれない体質。体調に応じて、接骨院→整体→鍼→アロママッサージ→アーユルヴェーダと使い分けてるんですが(ちなみに右に行くほどヘビー)、今回はガツッと毒ヌキしたかったので、迷わずアーユルヴェーダのサロンへ。ただ、気に入っているサロンは最低でも1ヶ月待ちだったので、待ってられん!と、多少不便な場所のサロンをみつけ(でも最高でした)、行ってきました。結果、疲れきった心身ともにかなりラクに。セラピストさん、ありがとう。ここ見てないと思うけど。

アーユルヴェーダの何がいいかというと、いかにも効きそうな香りの強い、濃い〜ハーブオイル。黒に近いドロッとした暖めたオイルを垂らされた瞬間は、全身の毛穴がホワ〜〜ッと弛緩するんですね。これをしつこいくらいに全身に塗られ揉みこまれると、昇天してしまいそうになる。しかも、たいていのサロンはアジアのリゾート風に作られてるので、旅気分も手伝って、いっそうトリップしてしまう。ふだんはマッサージ中に寝ることはほとんどないんですが、今回ばかりは、数秒間意識を失うということを何十回もくり返しました。ラスト、ターメリックやシナモン入りのハーブバスに浸かって出た後は、しばらく放心するくらいの心地よい疲労感。そして発汗止まらず。あーデトックス、デトックス。

a0034031_5304778.jpg私はアーユルヴェーダの中ではヴァータ体質なんですが、セラピストさんによると、アーユルヴェーダの効果をもっとも実感できるのは、神経質なこのヴァータ族なんだそう。なぜならアーユルヴェーダとは、神経に働きかける療法だから。ほほう。もっとえらくなってお金が儲かったら、スリランカのバーベリンリゾートに1ヶ月くらい滞在したいものです。

そういえば、以前1回しか書かなかったので、もう一度告知。
女性サイト・エスカーラカフェにて、心と身体に効くセラピー、占い、マッサージなどなど、身体をはってレポートするスピリチュアル行脚という連載をしております。月一更新(年末くらいからは月2に)なので、ぜひチェックしてみて下さい。
[PR]
by aomisa | 2007-09-11 05:14 | 美容・健康トーク
女にとって重要なクレンジング問題
先週、クレンジングがなくなりかけていたので、新たに注文しようと思ったところ、「はて。次はどうしよう」という問題にぶち当たり。相当長い間、私はDHCのディープ・クレンジングオイルを愛用してたんですが、ある時から、使用後やけに肌がつっぱるようになってきた。まぎれもなく年齢のせいではあるんですが、オイルって洗浄力が強い分、使い続けるうちに乾燥が激しくなると、佐伯チズ女史も言ってますよね。

で、最近まではロゴナの
ワイルドローズクレンジングミルクを使ってました。これはオーガニックもので香りも優雅だし、使用感もマイルドで気に入ってました。ただ、マイルドすぎて「きちんとメイクは落ちているのか?」という不安もあり(見た目では落ちてましたがね)。ケミカルもんのファンデはやはり、ケミカルで落とした方がいいんでねーの?と、今回リピートはしない方向に。
a0034031_3105979.jpg
じゃあどうしよう・・・というときに思い出したのが、瑠璃化粧品のクレンジングオイル。そうだ、自分にはコレがあったのだ!

この化粧品との出会いは2、3年前。
今はなくなってしまった下北の駅前市場(あの闇市っぽいところ)を通り抜けたてところ、なんか玄人臭がプンプン漂う小さな化粧品屋があった。興味を持ってガラスケースを覗いていると、年配の男性が出て来て「よかったらサンプルをどうぞ」と、いくつかのミニボトルが入った袋を手渡してくれた。「この化粧品はすべてここで作ってるんですよ」「ええ!ホントですか?!」「はい、私が作ってるんですよ」「へ〜すごいですね」なんてやりとりをしつつ、驚愕したのが、その男性の肌が透き通るようにきめ細かく白かったこと!

50代か60代かわからないけど、男性とは思えないような美肌をしていて(いや、女性でもめったにいないよ)、もうこれだけで、がっつりハートをつかまれました。パッケージがださいのなんか、もはや気にならない。「きっと自分は買うな」と確信しつつお礼を言って別れ、とりあえずサンプルを使ってみた。うん、悪くない。ということで、すぐに注文。それからしばらくはローションやシャンプー、クレンジングなどバラバラと使っていた。特にクレンジングはオイルながらも強すぎず、香り、使用感ともになかなかよかった。2人の妹や母親にも使わせたところ、皆すぐさま気に入り、わが家で一大瑠璃ブームが起こったのだった。

しかしその後、通販がめんどくさかったり(バラだと送料が馬鹿にならない)、下北市場がなくなったりして(店は別の場所で存続)、ここ1年ほどは使ってなかったんですね。なので今回は、まとめて注文しました。これって何となくすれ違って別れてしまったけど、思い返せばすごくホッとできる彼氏だった、みたいな感じか。最終的には信用できるものに戻って行くのね〜。

瑠璃化粧品

※写真は左から、DHC/ロゴナ/瑠璃
[PR]
by aomisa | 2007-09-11 03:01 | 美容・健康トーク
玄米食・その後
「ところでアンタ、玄米食はどうなったんや?
 最初だけ大騒ぎして、じっさいは筋トレや太極拳みたいに、
 続いてないんちゃうか?あん?」

と、思っている人がこのblogを読んでいる人の中にいるかいないかはわからないのですが(だいたいなぜ、関西弁?・・)、ご安心ください。続いています。さすがに毎日は無理なので、約週1ペースで。実は6月後半に伊勢に旅していたのですが、わざわざ玄米食を出してくれる旅館を探して泊まったくらい。肉の方は、食べないとカラダがきついことがわかって、夏になってからはむしろ食べてます。このへんは自分に問いかけながら調整という感じ。

決して多い頻度ではないけれど、玄米を食べるのとまったく食べないのとでは体調に雲泥の差が。昔は消化できないカラダでしたが、最近はすっかり慣れました。なんたって、玄米を食べた半日後にはものすごくお腹の動きが活発になって、翌日はふだんの倍量の快便=カラダの大掃除となるのですから。むしろ、食べるのが楽しみなくらい。

気づいたことと言えば、持病の腹痛の発作がここ2ヶ月くらいおきていないこと。
「そういえば・・・」という感じで平安な日々です。前は仕事がきつくなる(=座りっぱなし)のに比例して腹痛の頻度が増していたけど、ここ2ヶ月、忙しくてほとんど篭っていたのにもかかわらず、痛くなっていない。これはすごいことです。玄米以外は何も生活は変わっていないので、カラダに効いているんでしょう。今後も要観察。

ところで先週末、約4年ぶりに鍼に行きました。
調子悪いと効きすぎて朦朧としてしまうんですが、今回はややだるくなるくらいで、ちょうどいい感じの効き。で、翌日、家族にもはっきりわかるくらい肌がすべすべになっていました。これは驚いた。結果が早く出るカラダになってきてるのかもしれない。
[PR]
by aomisa | 2006-07-12 04:35 | 美容・健康トーク
イン ザ・ミソスープ
先週のすごく寒かった日、まったり味のスープが飲みたくなって、 名古屋で買ってきた八丁味噌でスープを作ってみた。

以下、レシピ。
材料は、余り物の野菜。 さつまいもをざく切りに。 まいたけは手でバラバラにして、キャベツもたっぷり手でちぎる (超てきとう)。 中くらいのなべにお湯をわかしたら、まずさつまいもを入れて軽く煮て、残りの具材をどっと入れる。コンソメを2カケ入れて、すべてがやわらかくなったら 牛乳を加え、軽く煮立ったところで味噌をとく。水と牛乳の割合は、7:3〜6:4くらい。

てきとうに思いつくままに作ってみたんだが、これがかなり美味しくできて、大正解!!にんじんやマッシュルームやブロッコリーを加えたり、小麦粉か片栗粉でとろみをつけたりしてもいいかも。すごく簡単なわりに美味しくできるので、オススメです。

a0034031_6105676.jpgこの買ってきた八丁味噌、有機大豆と塩のみを使ってじっくり発酵させたという昔ながらの製法のシンプルな味のもので、すごく美味しい。 最初味噌汁にして飲んだときは、あまりにふだん飲んでるものと味が違うので「え?これが味噌?」って感じだった。 はっきりと大豆の香りがして、シンプルだけど味わい深く、変に甘くない。ふだん飲んでいる味噌が、「で、味噌ってじっさい何からできてるんだっけ?」というレベルだとしたら、これは鼻と舌で「これは発酵した大豆だ」と、はっきり認識できる感じ。お椀の底に大豆のつぶつぶが沈むし。毎回噛みしめるように飲んでしまう。 これが本来の、化学調味料も何も入ってない味噌なんだろうなぁ。 なんか感動した。
[PR]
by aomisa | 2006-04-25 05:56 | 美容・健康トーク
ゆるやかな変化
玄米菜食(もどき)をはじめて、10日くらい。

いきなりガラッと食生活を変えると、つらくて続かなくなってしまうので、週に3、4回の玄米がゆ+できるだけ肉やお菓子は食べない、という方向でやっている。とはいえ肉がないと貧血を起こすので、ごく少量にするか1回食べたら2日食べないという感じ。
まだまだ効果が実感できるほどには変化はないが、今日「おや?」と思ったことがある。

ちなみに夕食のメニューは
・玄米とあずきのおかゆ
・アジの干物
・ウインナー(無添加)
・トマトとレタスときゅうりのサラダ
・きゃらぶき
・みそ汁

以前の自分なら「まずはウインナー」という感じだったけど、今回はそのかわり、アジがものすごく美味しく感じた。今まであまり好きじゃなかったきゃらぶきも美味しい!ウインナーは1本食べたが、それほど美味しく感じなかった。結局ウインナーには触手がのびず、アジの干物は2枚食べそうな勢いだった。

昨日は仕事に根をつめてしまい、徹夜を通りこして昼くらいまで起きていたせいで、起きたらものすごくお腹が空いていた(徹夜仕事をするときは、ものをあまり食わなくなるので)。そうすると、プチ断食みたいなもんで、においとか味にものすごく敏感になるのだ。今回はアメとかチョコレートのちょっとした香料も、イヤだと感じた。生野菜にかかったドレッシングのにおいも鼻についた。ドレッシングじゃなくて、ごま油と塩かけてくれ。ものすごくゆるやかだけど、身体に変化は起きているみたい。

でも、玄米菜食って食べ終わった後の満足感に欠けるのよねーー。
おかゆにしてるから、すぐお腹すいちゃうし。ちょっとずつ慣らしていって、普通に炊いた玄米を食べられるようにしよう。
[PR]
by aomisa | 2006-04-12 02:47 | 美容・健康トーク



イラストレーター・アオノミサコのBlog
by aomisa
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
★月刊PHPにて猫の漫画とショートエッセイ連載中

★LAURIER PRESSにて女子向け漫画&コラム執筆中

★LINEスタンプ「きまぐれデビルちゃん」発売中!


★コミックエッセイ「五感ゆるゆる わがままセラピー入門」発売中


紙媒体・Webなどでイラストや文章、漫画などを描いてます。

日々の雑感。ホリスティックな生活。美容。猫。読書・音楽・映画・アート感想記。お仕事の告知 etc

★メインサイト aonomisako.com
★twitter @misakoao
★別ブログ
鏡の国のタロット

※本ブログのイラストの無断使用を禁止します。イラストの著作権は作者に帰属します。(ブログで記事として取り上げていただくぶんには、OKです)

カテゴリ
映画・アート・音楽・本
サーフィン
宇宙トーク
美容・健康トーク

Girls! Girls! Girls!
キラ☆キラ
お仕事情報
日記
つぶや記
さまよい記
プロフィール
その他
以前の記事
2017年 03月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧