<   2005年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧
ニュートラ
a0034031_7521248.jpgニュートラ

ちょっと前に、人から教えてもらってやった「適性・適職診断テスト」。イマドキっぽいイラストと、Flashのつくりが面白いです。質問がすごく多いけど。


で、自分の結果(覚え書き)
------------------------
「どちらかというと攻めのタイプ」

内向性(ディフェンス型)
2■■□□□

外向性(オフェンス型)
5■■■■■

[仕事] 組織、企業にはあまり向かない芸術家タイプ
[性格] ちゃっかりクールなデジタル・タイプ
[恋愛] 異性というより人間として愛するタイプ

「日本人、特に女性にはたいへん少ないタイプです」だそうで・・・。あっそ。
[PR]
by aomisa | 2005-09-29 07:52 | その他
終了〜〜〜
サーフ映画祭"SUNSET MOVIE"は、先日、23日に無事終了した模様です。

展示していたイラストを見てくださった方、
絵をお買い上げくださった方、
そしてお世話になったいろんな方々、
どうもありがとうございました!本当に感謝しています。

芸術の秋ということで(?)、新作のアイディアが続々とわき上がっている毎日です。
問題は、いろんなことに忙殺されて、なかなかそれをやる時間がないことですが・・・
がんばりまっす!
[PR]
by aomisa | 2005-09-26 18:49 | サーフィン
メンスフェスティバル!!
a0034031_18311975.jpg
お友達がやってるNWディスコ/ガレージテクノバンド、Baby MongooseのCD発売記念イベント、"メンスフェスティバル"に行ってきました!

ものすごい豪華なメンツが勢揃いしてたらしいのですが、直前まで腹痛でヘロヘロになっており、ラス2のSpace Vacum(カリフォルニアからやってきた宇宙人/写真右)とトリのBaby Mongoose(写真左)しか見れず。いやー異次元で楽しかった。打ち上げも楽しかった(アルコールは一滴も飲まなかったけど)。朝日がまぶしかった。べビマンさんたち、お疲れさま!アメリカデビューおめでとう!!
[PR]
by aomisa | 2005-09-26 18:32 | 映画・アート・音楽・本
UNFEIGNED 2005
a0034031_0193889.jpg
週末は知り合いの阿部隆一さんの個展を見に、西麻布のBar AMRTAへ。

1×1.5mくらいに引き延ばされた絵の数々が、迫力&ステキすぎて、ため息が出た。
しばし、イラストレーター談義にふける。 お互い両性具有的なスタンスで絵を描いてるので、 ちょっとのことでもすぐ話が通じてうれしい。 仲間ががんばってるのは、すごく励みになります。

興味ある人は、ぜひ。
グラマラスでたくましく美しい女神達が、夜の闇からアンニュイに顔をのぞかせています。
[PR]
by aomisa | 2005-09-20 00:21 | 映画・アート・音楽・本
40日ぶりの海
先週半ばは、40日ぶりにサーフィンをやった。最高に暑くて、いい天気。

2時頃ショップに行ったら激しい風が吹いていて、「今日この風だとやばいよーー。ちょっと様子見するから」と言われ、そのへんにいた人たちと小一時間ダラダラ。 板のリペアをする者、おにぎりを食べる者、板にステッカーを貼る者、 店に飛び込んできたスズメバチを箸で捕獲してペットボトルに閉じこめ、 「帰って焼酎につけて飲むんだ〜♪」という者、いろいろ。 あまりに暑いので、店の前にデッキチェアを出してぼーっとする。
しかしこんな平日の昼間っからいい大人達がたむろって、何やってんでしょうね?

4時頃、浜辺へ。
いやーーーほんっとにものすごいオンショアで、 砂がすごい勢いで吹きつけてくる。 コンタクト使用者の自分は、目が開けてられないくらい。こんなの初めて。 あまりにすごい風で、歩いてる時は、 板があおられないように手で支えているのが精一杯。 浜辺は砂漠みたいに風紋ができてますよ。

ストレッチしてる間も、リーシュを足につけてる間も つねに半目・薄目状態で、距離感が狂う。 で、砂嵐状態に加えて、ものすごい日差しを受けて砂浜がキラキラ輝いていて、 その向こうに太陽がピカーーーッと光を放っていて、夢の中の世界のよう。(薄目なので別世界度は200%増し)

海はありえないくらい、荒れ荒れだった。
2〜3回「立てたかな?」と思うのがあって、あとはずーーっと波に翻弄されっぱなし。 数週間のひきこもり生活で筋肉はすっかり落ち、体重が軽すぎて 海の中でしっかり立ってることができない。ああ、いつになったら胸をはって「サーファーです!」と言える日が来るんだろうか。早急に筋肉をつけなければ。
何十回となく波に殴られたんだが、この日はまったく恐怖心というものがわかず、 むしろ殴られれば殴られるほど「今に見てろ!」という気分になるのだった。 35回目くらいの波の殴打で、左目のワンデイ・アキュビューは、海の藻屑と消えた。グッバイコンタクト。
なんか今年はコンディションが悪い日が多いなー。 そういう年回りなのかしらね。

海から上がったあとはぬれた頭のまま、「サーフアドベンチャー」を見に藤沢オデヲンへ。
キンキンに冷えたコロナとおつまみ買って、鑑賞。 ブラジルのサーフィン映画なので、ゆるいラテンのりで ストーリーらしいストーリーもなく、ポルトガル語独特のイントネーションも手伝って(東北弁ぽい)思いっきり酔っぱらった。
なので、内容はほとんどおぼえてません(笑)

あ〜〜〜〜〜〜、しかしやばい。最高。幸せ。毎日こうだったらいいのに。
[PR]
by aomisa | 2005-09-20 00:09 | サーフィン
ROCKとは
a0034031_5264815.jpg UKの新人バンド、ROOSTERが気になる。

気になるといっても、好きとかそういうことじゃないのです。
サマソニのダイジェスト版では上半身脱ぎまくり、腰ばきしたデニムからグレーのボクサーパンツの上部分を思いっきり出し、「オレ様のセクシーな肉体を見やがれ!」とばかりにステージをのしのし歩いていた、この男(写真左の黒シャツの男)。最初は「あら?ステキ」と思ってみていたものの、だんだんとイケ好かない気持ちがわいてきた。ロッカーっつーより、ファッションモデルっぽいというか、モテ命みたいなオーラを発散しまくっていて、その自意識が邪魔くさい!

音は70年代の要素も入った、かなりいなたいロックで本格的。はっきり言ってかっこいい。 なぜかBURRRN!にインタビューが載っていた。 でも音はロックなのに、彼らにあまりロックを感じないのはなぜかしら?と思ったら、 やっぱり汚れとか退廃とか傷の要素を感じないからだなー。 なんか女には不自由してなさそうだし(笑) 逆にルックス悪かったら、いいバンドに思えたかも。

で、PVもやっぱりアイドル的な撮られ方をしてて、(シャツの袖のまくり上げ方とデニムの履きこなし方が、これまた鼻につくくらい、イマドキでカンペキでした)彼らのこのルックスのよさは、今後、プラスに働くのかマイナスに働くのか。 目が離せません。

この先BON JOVI的なバンドになり、このボーカルが俳優に目覚め、映画なんかに出るようになっちゃう方に、3000点。

a0034031_5445934.jpg同じサマソニのダイジェスト版で一気に心をうばわれたのが、TOWERS OF LONDONというこれまたUKのバンド。

現代版New York Dollsって感じで(名前はロンドンだけど)、直球系のパンクと80'sのLAメタルみたいなルックスが、かなりツボ。しかも、FASTER PUSSYCATのテイミー・ダウンのような、グラム声と来た!!やっぱり、こういう無茶苦茶なエネルギーをぶちかましまくってるバンドが好きだわー!
[PR]
by aomisa | 2005-09-13 05:28 | 映画・アート・音楽・本
ドキュメンタリー
下でも書いた"TARNATION"観てきました。面白かった!
他人の半生とかドキュメンタリーって、どうしてこんなに面白いんだろう。

重い部分も多々あったけど、それより何より映像の面白さ、音楽の使い方、そして撮影者であり主人公であるジョナサンの人柄に惹きつけられた。11歳のときに撮った、化粧して地方の主婦になりきってカメラの前で家庭の悩みを告白するというフィルムがあるんだけど、あまりのなりきりぶりに、爆笑!彼はその後、当然のごとく俳優になる。

土曜深夜は、渋谷の某クラブへ新連載のための取材。
アングラな人たちがアングラなビートにのって踊っていた。面白かった。

a0034031_5285642.jpg日曜日は、中目黒でブラブラ。
前から気になってた洋服屋にやっと行けたり、 カウブックスでアート本を眺めまくったり。最近は時間がなくて、服や靴なんかの買い物はほとんど デパートかファッションビルですませてたけど、 やっぱりこうやって小さい店を1コずつ見て歩くのは、いいもんだわー。 カウブックスでyoungtree pressの4号を購入。まるごと1冊、日本人の女の子がカリフォルニアのヒッピー高校に留学していたときの記事でできてるんだけど、すごくすごーく面白かった。

やっぱり日々起こっているリアル(=ドキュメンタリー)って、何よりも面白い。
(このエントリ内で「面白い」って言葉、6回も使ってますね。面白いものは大好きなので、くどいようだけど連呼していく!)
[PR]
by aomisa | 2005-09-12 05:36 | 映画・アート・音楽・本
TARNATION
a0034031_11415268.jpg今年は本当に、映画館に足を運んでいない。

情報を積極的に取り入れていなかったこともあるし(映画関係のメールマガジンは、めんどくさくて読まずに捨てていた)、これはぜひ!と思うような吸引力のある映画があんまりなかったというのもある。でも、秋の風が吹き始めると、自然と映画や小説の世界に吸いよせられ・・・。

最近フライヤーをみつけて、気になってる映画、
"TARNATION"。

制作費はわずか218ドル(約2万円)、過去に録りためた膨大な写真や映像を、iMovieで自宅編集したというパーソナルなドキュメンタリーらしい。「エレファント」のガス・ヴァン・サントと、「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」のジョン・キャメロン・ミッチェルを涙させたというから、ジム通いや部屋の掃除は後回しにしてでも、観に行かなければ。東京では9/16まで。
[PR]
by aomisa | 2005-09-02 11:49 | 映画・アート・音楽・本
ジャック・ホワイトがジョニー・デップ化!!
a0034031_2102372.jpg←数日前に送られてきたRolling Stone誌のメールマガジンより。

White Stripesのジャック・ホワイトが、「チャーリーとチョコレート工場」のジョニデ化してる!!(そしてマイコー化も・・・)

一昨年の秋、渋谷AXで観たWhite Stripesのライブは、ジャック・ホワイトの異様なまでに張りつめた緊張感が会場全体にみなぎりまくっていて、鬼気迫るものがあった。あんなにリラックスできなくて、客まで緊張してるライブは初めて、というくらい。10メートル前方に見える彼の顔つきはなんだか怖くて、直感的に「この人と2人きりで部屋にいたら、何されるかわかんないな」と思った(繊細+ひきこもり風味のルックスなのに、体つきが異常に大きいのだ。参考写真)。思った通りにその1ヶ月後、彼は暴力事件をおこしてるんだけど・・・。ライブ中も客の方をあんまり見ないで、ドラムである妹のメグの方ばっかり見てたのが、また怖かった。単に緊張してたんだと、思いたいわ。

でも彼の作るソリッドな曲は天才的だと思うし、ライブも最高であることは確か。
4枚目のアルバム"Elephant"は、私の生涯のベスト15に入っている。

そんなジャックとつきあってたレネー・ゼルウィガーって、そうとう器の大きい、イイ女なんでしょうな〜。
[PR]
by aomisa | 2005-09-02 02:51 | 映画・アート・音楽・本
サーフ映画祭初日イベント
もう何日も過ぎちゃいましたが、サーフ映画祭オープニングイベント行ってきました。
(レポートがさっそくここにアップされてます)

おそらく9割以上がサーファーで埋めつくされた映画館は、かなーり濃い感じ。
映画が始まって、ものっすごいビッグウェイブのシーンでは、あっちこっちから 「うおぉぉぉ〜」「おわぁぁぁ・・・」などと声が漏れ、笑えるシーンになると人目も気にせず 「がっはっはっはっはっは!」と大声で笑う人がいたりして、 会場内はいい意味でワイルドでバカっぽかった。

a0034031_127999.jpg現在やっている『ライディング・ジャイアンツ』 、内容もさることながら、映像の作り込み方とか音楽の使い方が滅茶苦茶かっこいい!!サーフィンやってない人にもかなりオススメです。エンドロールでミュージシャンの名前をチェックしていたら、Linkin ParkとかAlice in Chainsの名前が。そうとうROCK。サントラ買っちゃうかも。今Amazonでチェックしてみたら、ストレイ・キャッツなんかも参加してるのねー。

イラストは、劇場のロビーに大きいの2点+小さいの2点が飾られているのですが、今回描き下ろしたのはその中の大きい1点です。いつも展示前に作品を制作するときは、「いいものができるだろうか?」という不安と時間的なプレッシャーでナーバスになり、心身ともに疲労困憊するのですが、今回はほとんど不安になることもなく、スムーズに楽しんで描くことが出来ました。そんな気分にさせてくれる波と海に、感謝!!
しかし、数週間根をつめていたため、初日イベントが終わった直後に発熱。寝込んだのであった・・・。

今年は自分ではかなり日焼けしたつもりでいたけど、大量のサーファーに混じったら真っ白だった。元が極端に白いので、やっと標準カラー(サーファーではなく一般レベルでの)に追いついた、という感じ。
[PR]
by aomisa | 2005-09-02 01:33 | サーフィン



イラストレーター・アオノミサコのBlog
by aomisa
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
★月刊PHPにて猫の漫画とショートエッセイ連載中

★LAURIER PRESSにて女子向け漫画&コラム執筆中

★LINEスタンプ「きまぐれデビルちゃん」発売中!


★コミックエッセイ「五感ゆるゆる わがままセラピー入門」発売中


紙媒体・Webなどでイラストや文章、漫画などを描いてます。

日々の雑感。ホリスティックな生活。美容。猫。読書・音楽・映画・アート感想記。お仕事の告知 etc

★メインサイト aonomisako.com
★twitter @misakoao
★別ブログ
鏡の国のタロット

※本ブログのイラストの無断使用を禁止します。イラストの著作権は作者に帰属します。(ブログで記事として取り上げていただくぶんには、OKです)

カテゴリ
映画・アート・音楽・本
サーフィン
宇宙トーク
美容・健康トーク

Girls! Girls! Girls!
キラ☆キラ
お仕事情報
日記
つぶや記
さまよい記
プロフィール
その他
以前の記事
2017年 03月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧