<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
SATCとアラビアンナイト
a0034031_22541060.jpg
「えっ…今ごろ???」とか言われそうですが、先週やっとSEX and the CITY the MOVIE見てきました。

この映画が公開されたのは、たしかお盆すぎ…。見てきた人たちからの感想を続々と聞いたのが、8月後半から9月頭くらい。正直見てない私でさえ「まだやってたんだ!」感が否めませんでしたが(というか、途中で「もうDVDでいいか」と諦めそうになった)、そこは腐ってもSATC。根強い人気で、六本木ヒルズではロングラン上映になってました。なぜこんなに見るのが遅くなったかというと、いっしょに行こうと約束してた友人と、なかなか都合が合わなかったから。この映画は気のおけない女友達と見に行った方がだんぜん楽しいので、お互いスケジュールが一致するまでガマンしてたというわけです。

遅ればせながら感想を…。

More
[PR]
by aomisa | 2008-11-16 23:10 | 日記
ミッシングピース東京展
先週末は、チケットをいただいてたので、ダライ・ラマのミッシング・ピース東京展に行ってきました。
a0034031_6271924.jpg
夜の代官山なんて何ヶ月ぶり?というくらい久しぶりで、しかも、行くのはだいたいいつも駅周辺か八幡通り沿いなので、ヒルサイドテラスなんて下手したら10年以上ぶり!途中で小山登美夫ギャラリーのぞいたりしつつ、会場へ。

会場1、2、3ともどれも見応えがあって面白かった。特に好きだったのは、1の最後の方の大きい作品が並んでいたフロア。上の画像の赤い大きな少女のペインティングとか、天井まで届く巨大な数珠を思わせるヤシの実とか、迫力あった。「声の大きいヤツが勝つ」じゃないけど、大きいという物理的な理由だけで存在感は出てしまいますね〜。それがいいことなのかどうかはわからないですが。ヤシの実の作品は、自由に触っていいというのもよかった。ショーケースに入れて「アートでござい」って顔してるものより、触ったり体験したりして楽しめるものが好きです。金の糸を来場者にひっぱらせて、床に溜まった糸を「来場者の痕跡」としてる作品もよかった。ダライ・ラマの靴を、キルリアン写真でオーラ撮影した写真もユニーク。

会場の係員の方々(なぜかオバさまばかり)が、やけに親切だったのにはビックリ。会場1の最後のフロアでじっくり作品を眺めていたら、1人の係員がつかつかと私に歩み寄ってきて、「お客様、遠くから来られてますか?」「(なんだろう?)ええ…まあ…遠いですね」「じゃあ、会場3が見応えありますので、早めに回った方がいいですよ。7時までですから」と、ご親切にも教えてくださったのだった。

あせって会場2に移動すると、そこのオバさまたちも「あら、アナタもまだ1しか見てないのね!2は少ないから、早く3に行ってらっしゃい!」と、母親のように世話を焼いていただいちゃいました。わりと放任主義のあっさりとした母親に育てられたので、こういう世話焼きオバさんの存在はとまどいつつも、妙にうれしかったりするのです。
[PR]
by aomisa | 2008-11-13 06:40 | 映画・アート・音楽・本
焼き肉と酉の市
先週の半ばは、新宿ツアーでした。

ヴィヴィアン佐藤さん、ポールダンサーのノエミちゃん、INFASのHさんと、まずは歌舞伎町は大久保寄りの焼き肉屋で、肉大会!
ミスジというお肉を初めて食べたんですが、あまりの美味さに顔の肉がとろけそうに。何このまろやかさ?!牛の肩甲骨の内側に位置する肉で、一頭から数百グラムしか取れないらしいです。
a0034031_7404488.jpg
ヴィヴィさんに「おととい『英語でしゃべらナイト』見ましたよ〜♪」というと、「えっ…なんで見たのぉ?」というリアクションが。ふふふ。私はここ数年、毎週欠かさず録画してるのです。焼き肉の最後はマッコリでしめ、花園神社へ。

この日は、酉の市の「一の酉」の日。
花園神社の酉の市は、10年前に行ったことがある。大宮の氷川神社の酉の市では、数年前に熊手も買っている。だけど、友達と飲み目当てにワイワイ行くのはこれが初めて。さすが新宿だけあって、そのへんを飲みながら徘徊してたり、熊手を買っていたりする方々が、モロその筋の人〜〜!って感じで面白い。とある屋台に腰を落ち着けて、日本酒とおでんを注文。
a0034031_7504843.jpg
ダラダラとしゃべりながら日本酒クイクイあけてたら、だんだん夜が深まってきて、仕事終わりのキャバ嬢やホストなんかがちらほら来だして、さらに面白い光景に。10代の頃から新宿で遊んだりバイトしたりしてきた自分としては、この雑多な感じ、キライじゃないです。屋台が終わる3時まぎわ、てんこ盛りの焼きそばや串焼きの数々を、食べきれないくらいサービスしてもらっちゃいました。お店としては余らせても…って感じなんでしょうが、すでにパンパンの胃にはあまり入らず、残念。

解散後、電車がない私はさらに初台へ移動し、朝まで飲み。さすがに夜通し飲みはこたえる年頃になってきたけど、実は自分って酒に強いのでは…と思いはじめてもいます。
[PR]
by aomisa | 2008-11-09 19:49 | さまよい記
展覧会、めぐるめぐる!
なんだか最近、チケットをもらったり誘われたりすることが多くて、出ずっぱりな毎日。そんなわけで、ブログの更新もしばらくできませんでした。1回溜めると、ついつい面倒になっちゃいますね。
a0034031_2552325.jpg
先週末は、21_21 DESIGN SIGHTの「セカンド・ネイチャー」展と、森美術館の「アネット・メサジェ」展をハシゴ。

どっちも生理的にここちよいツボを押しまくってくる展示でした。
「セカンド・ネイチャー」の方は、会場に入るなり、雲に見立てたグラスファイバーが天井中から垂れ下がり、あらっ……ここは天国? 結晶でできたイスや氷のようなイス、オブジェなどなど、一面、乳白色&透明な世界。一気に脳みそがホワイトアウトしてしまい、眠気と多幸感に包まれ…あ、今書きながら気づいたけど、雪山での遭難って、このホワイトアウトが原因なのかもしれませんね。21_21 DESIGN SIGHTは初めて行ったんですが、建物も周りの環境もすっごくよくて、今度はもっとゆっくり回りたいなと思ったのでした。
a0034031_2463721.jpg
「アネット・メサジェ」では、「セカンド・ネイチャー」とはまた違う多幸感が。

私とあなた、好きなもの、嫌いなもの、私の一部、私の全部、恐怖と安堵、生と死…そんなイメージで埋め尽くされた会場は、奇妙な遊園地のよう。思いっきり子ども気分で楽しんでしまった。女性アーティストの作るものって、めんどくさい前置きとか言い訳なしに、ダイレクトに響いてくるから好きです。女は自分の気持ちや心地よいものに敏感ですからね〜。

a0034031_4134964.jpg
「Casino」というタイトルの大掛かりなインスタレーションは、まるでちょっとした舞台のようでした。ドクドクと波打つ、血液に見立てた真っ赤な布の動き。布の下で光るたくさんの生命体。最後に一斉に飛び立つ精霊達。そんな物語性と動きのダイナミックさに、釘付けに。あとで解説を見たら、ピノキオの話をベースにしているらしく、ピノキオの話をちゃんと憶えていない私はちょっと残念。でもわからない部分も含め、とても心を動かされました。

動物のオブジェが天井のレールをくるくる移動するインスタレーションが、昔流行った20471120のShopみたいで懐かしかった。当時、「キキィ、キキィ」というきしみ音を響かせながら、洋服がくるくると店内を回るお店は衝撃的だったなー。微妙に話がそれたけど、いっしょに行ったアメリカ人Eは、「今、日本で彼女のこんな展示を見られるなんて、本当にラッキーだ」と、くりかえしくりかえし言ってました。ホントに、最初から最後まで心が躍りっぱなしの展示でした。

「アネット・メサジェ」展は終わってますが、「セカンド・ネイチャー」展は1月までやってるので、ホワイトアウト的多幸感に包まれたい方には、激しくオススメします!
[PR]
by aomisa | 2008-11-09 03:19 | 映画・アート・音楽・本



イラストレーター・アオノミサコのBlog
by aomisa
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
★月刊PHPにて猫の漫画とショートエッセイ連載中

★LAURIER PRESSにて女子向け漫画&コラム執筆中

★LINEスタンプ「きまぐれデビルちゃん」発売中!


★コミックエッセイ「五感ゆるゆる わがままセラピー入門」発売中


紙媒体・Webなどでイラストや文章、漫画などを描いてます。

日々の雑感。ホリスティックな生活。美容。猫。読書・音楽・映画・アート感想記。お仕事の告知 etc

★メインサイト aonomisako.com
★twitter @misakoao
★別ブログ
鏡の国のタロット

※本ブログのイラストの無断使用を禁止します。イラストの著作権は作者に帰属します。(ブログで記事として取り上げていただくぶんには、OKです)

カテゴリ
映画・アート・音楽・本
サーフィン
宇宙トーク
美容・健康トーク

Girls! Girls! Girls!
キラ☆キラ
お仕事情報
日記
つぶや記
さまよい記
プロフィール
その他
以前の記事
2017年 03月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧