<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
初夏の息吹
繁殖期に突入した自然界に影響されてか、やたらとウキウキしています。
花も草も木も鳥も虫も、生き生きしてて幸せそう。

ところでどうです、このプチッと芽を出した稲のもみ!

a0034031_2575766.jpg

可愛いでしょう?
この時期、水につけておくと数日でこのような芽が出てきます。

私のtwitterをフォローしてくださっている方はもうご存じかもしれませんが、この春から友人の不耕起栽培の田んぼを手伝っています。先日も泊まりがけで種もみ撒きを手伝ってきました。

アオノが農作業? 似合わない!意外すぎて想像つかない〜!!
など、さんざん言われてますがw
これには私なりの理由がいろいろあるのです。
長くなるのでここには書きませんが。というか、いずれまとめてどこかで書くつもりですが。
(今のところアテはないので、発表させていただける媒体も大募集中です!)

a0034031_2591662.jpg

毎日のように食べているのに今まで全然知らなかったお米のこと・農作業の楽しさなどに日々驚かされているのですが、このたび自分のベランダでも田んぼを作ることにしました。

ベランダで? 田んぼが? つくれる〜〜?? どうやって???
と思ったそこのあなた。

JAが配ってる「バケツ稲」セットというモノがあるのです。
バケツと土を用意すれば、なんと家のベランダでお米が作れます。
バケツ1つ=おちゃわん一杯分のご飯になるそうです。

a0034031_355787.jpg

付属の化学肥料は使いたくなかったので、個人的に放射能検査済みでナチュラルな(堆肥のいらない)培養土をお取りよせしました。

この1粒が最終的には1000粒に増える。
自然の法則はアメイジング!
昔はお米が貨幣代わりだったり、神様の食べ物とされていたのもわかるな。


今、六本木の21_21 Design Sightでも「コメ展」やってますね。
なかなか面白かったですよ。


*タロットブログもちょこちょこ更新してます〜。
[PR]
by aomisa | 2014-04-25 03:17 | 宇宙トーク
今年に入って観た映画
毎回健康の話ばっかりではうんざりする方もいるでしょうから、
最近観た映画の話を。

a0034031_1263749.jpg
3月半ばに有楽町で「ラヴレース」鑑賞。
これは70年代に活躍したアメリカのポルノ女優、リンダ・ラヴレースの自伝をもとに作られた映画。

主演のアマンダ・セイフライド、大好きなんです。
もう顔が、噛みつかれそうな、獣か!って感じの遠心力がありますよね。
それでいて、Girl next door的な親しみやすさとキュートさもある。個人的にはヴァネッサ・パラディ以来の小悪魔だと思ってます。

「レ・ミゼラブル」はあんまり面白くなかったけど、「TIME」でのおかっぱ頭はとんでもなくチャーミングでした。ボブ・フェチには、ビンビンくる光線発してます。今出演してるクレ・ド・ポーのCMも、魅惑的。
a0034031_138111.jpg

「ラヴレース」は地味な小品ながら、フェミニズムやショウビズ界の光と影、母と娘の確執などていねいに描いていました。
前半でずっと頭に浮かんでた疑問は、後半、同じ場面が別視点でくりかえされることで氷解。実際にラヴレースが出演してた作品は観たことないですが、マジメでお堅い女の子が伝説のポルノスターになる過程はひたすら痛かった。そしてまた事実を公表した彼女の勇気。
あとはキャストが渋かった。意外すぎる役で最後まで気づかなかったシャロン・ストーンにSATCのクリス・ノース(ビッグ)!クロエ・セヴィニーは久しぶりに見ました。


「ゼロ・グラビティ」にはすっかり乗り遅れていたんですが、アカデミー賞授賞式を観て「う〜〜ん、やっぱり観たいっ!」となり、3月下旬時点で奇跡的に上映している劇場を発見。
で……
a0034031_1224025.jpg

ボロ泣きしました(笑)
映画館でこんなにあとからあとから涙が出たのは、初めてじゃないかってくらい。

撮影技術ばかり取りざたされる映画だけど、これは生きることに意味を見いだせなくなった1人の女性の再生の物語。宇宙はそれを伝える舞台装置でしかない。
クライマックスからラストシーンにかけては、カラダの底から生きる力がわき上がってくるような感慨すら覚えました。ただ、ただ、生命力というものに圧倒される映画だった。地球ってすばらしい!生きてるって奇跡だ!


そういえば、年明けすぐには「ビフォア・ミッドナイト」を観たんでした。
a0034031_2265143.jpg

ビフォアシリーズが大好きな私としては、もう待ってました!という勢いで。
でも、もう若くない2人を観るのは少し怖くもあり…。
(前作・前々作に対する熱い思いはこちらを→その1その2

お、過去記事読み返したら、「また7、8年後あたりに続編を作って欲しいな」って、その通りになってるやん!(笑)

シリーズ一作目が激しく好きなだけに観るのが怖かったけど、まぁ終わり良ければすべて良しかな。
しかしせっかく2人がいいムードでベッドインしたところで、セリーヌがおっぱい丸出しで愚痴を垂れ流しはじめ、激しい夫婦ゲンカに発展していく過程では、心の底からジェシーに同情(笑)ただ、どんなにセリーヌの機嫌が悪くなっても、2人の関係性をもたせようと努力するジェシーの忍耐強さには希望が持てました。(中年女として気をつけようと思った。笑)

理想の男女関係なんかない。しかも、時間とともに2人の距離感も思いも変化するもの。でも時間や場所や美醜や国籍というような外側のあらゆる条件を超えたところ、「今」という瞬間、人と人との間に流れているものに、「愛」というものの真実があるんじゃないか…ということを、リンクレイター監督はこの20年間言い続けているような気がします。
[PR]
by aomisa | 2014-04-15 02:41 | 映画・アート・音楽・本
その後のセラピー道(その4)
ものすご〜く間が空いてしまいました。って、いつものことか(笑)

本題に入る前にお知らせを。
4/18(金)にちょっとしたタロットナイトをやります♡
詳細はこちらをご覧ください。

あとは最近やったお仕事。
読売家庭版3月号「体重管理術」特集。
DHCの会報誌「みんな げんき?」5月号 ときめきアゲイン!特集 
ともにイラスト描いております。
a0034031_2073262.jpg

さて。「その後のセラピー道」その4です。

前回「睡眠と運動にまさるものなし!」と書きましたが、ホント、この2つ+食事さえちゃんとしていれば、きっとカラダは勝手に健康なサイクルで回っていくんですよ。

人体って、実はものすごく完成されたシステムなんじゃないかな。

昔から虫さされには尿を塗るとか、唾液の殺菌作用はすごいとか言いますよね。
最近になって、キズは消毒するより体液を保持した方が治りが早いということも、言われてます。熱も、体内のウイルスを殺すために出る。…つまり、人間はすでにカラダの中に完ぺきな自浄システムを持ってる!

昔の人はそういうことをふつうに知ってたと思う。

それが近代になって、
なぜか病気やケガは医者や薬が治すものという風になってしまった。

もちろん重い病気や急な症状などは、専門家でないとダメだと思います。
でも日常レベルで自分でどうにかできることまで、「医者にいかないとダメ」と思い込んでいるのが現代人。

今ドラッグストアに溢れてる商品を見ても、コマーシャルを見ても、いかに私たちが自分のカラダを信用していないか、外部のものに頼っているかがわかります。そもそも「自分でなんとかする」という風に教育されてこなかったので、仕方ないのですが。

a0034031_111954.jpg

だってだって。
考えてもみて。
この地球上に生きていること自体が、奇跡みたいなものですよ!

異常気象が増えたとはいえ、お日さまは毎日のぼってくる。
雨は大地にしみこみ、作物が育ち、樹からは酸素が放たれる。

人間がどんなもの食べたって数時間後には消化され、数十時間後には便となって排出される。その間、いろんな器官からいろんな体液やホルモンが出てきて処理してくれ、食べ物を栄養に変え吸収し、いらないものは勝手に選別して排出してくれる。髪は伸び、呼吸は保たれ、細胞は入れ替わる。

いったいそれ、どんな天才が設計したのよ?
どんな優秀なプログラマーがプログラミングしたのよ? …とか思うわけで。
魔法か!錬金術か!引田天功のイリュージョンか!

ああ、そのすばらしいシステムを私たちはぜんぜん生かしてないどころか、みずからの生活習慣で破壊している。

これもまた、環境破壊。



かの有名な「自然療法」の東城百合子さんの言葉で、「これはキターー!」というものがありまして。

「病気だけ治したってダメ。また悪くする。
 根性を治さないと」


…うろ覚えですが、こんな意味の言葉でした。
まさにぐうの音も出ない(笑)
表面だけその場しのぎをしても、本質が変わらなければ何も変わらないんですよねー。これは健康に限らず、生き方すべてに当てはまると思いますが。

a0034031_2232829.jpg

あの本を書きながら「自分はずっと不健康だと思ってきたけど、実は『不調という状態』に敏感なだけなんじゃないか?」とも思いました。
ま、基礎体力がないのと貧血であることには変わりないですが、不定愁訴を人より感じすぎてしまって、辛いだけではないのかと。

これも当たってたなと思う文章に出会いました。

「一点の曇りもない健康など、どこにもない。痛みやだるさはカラダのセンサーが感知してることで、大事なサイン。それを感じられるということはすでに健康な証で、生きてる限りどこか痛かったりだるかったりするのは、当たり前なのだ」
(またまたうろ覚えですが、内海聡さんの言葉です)

だよねーーーーー!
変なポジティブ志向とか潔癖志向を持ってると、完ぺきに元気でなきゃダメだと思いがち。
ほとんどはTVや雑誌の刷り込みだと思いますが。

あとは学校ね。「子どもは元気でハキハキしてなきゃ」みたいな空気、あります。
いろんな子がいるから面白いのに。みんながそうだったら気持ち悪い。
昔の私は素直さゆえに、そういうことを全部まともに受け取っちゃってました。
自分はそこから大きくはずれるから、ダメなんだと思っちゃってました。

あーーー、今回は冷えとり&その他について書くつもりだったのに、ぜんぜん違う内容になってしまった。まぁ、いいか(笑)

また近々書きます。
[PR]
by aomisa | 2014-04-09 02:00 | 美容・健康トーク



イラストレーター・アオノミサコのBlog
by aomisa
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
★月刊PHPにて猫の漫画とショートエッセイ連載中

★LAURIER PRESSにて女子向け漫画&コラム執筆中

★LINEスタンプ「きまぐれデビルちゃん」発売中!


★コミックエッセイ「五感ゆるゆる わがままセラピー入門」発売中


紙媒体・Webなどでイラストや文章、漫画などを描いてます。

日々の雑感。ホリスティックな生活。美容。猫。読書・音楽・映画・アート感想記。お仕事の告知 etc

★メインサイト aonomisako.com
★twitter @misakoao
★別ブログ
鏡の国のタロット

※本ブログのイラストの無断使用を禁止します。イラストの著作権は作者に帰属します。(ブログで記事として取り上げていただくぶんには、OKです)

カテゴリ
映画・アート・音楽・本
サーフィン
宇宙トーク
美容・健康トーク

Girls! Girls! Girls!
キラ☆キラ
お仕事情報
日記
つぶや記
さまよい記
プロフィール
その他
以前の記事
2017年 03月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
more...
最新のコメント
最近の土地は何でも管理、..
by aomisa at 02:43
とれたてタケノコに醤油と..
by たかはし at 15:51
たかはしさん お返事遅..
by aomisa at 20:32
すごく素敵な里山風景です..
by たかはし at 20:49
まちがえました。これから..
by aomisa at 21:39
たかはしさん DHCは..
by aomisa at 18:57
最近映画見れてないです・..
by たかはし at 22:28
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧