人気ブログランキング |
Dazed and Confused
Dazed and Confused_a0034031_214738.jpg
わたしが勝手に精神的兄弟だと思っている映画監督、リチャード・リンクレイター"Dazed and Confused"(邦題:"バッド・チューニング")を観た。かなり面白かった。

ストーリーはなんてこたない、70年代アメリカのハイスクールの終業式の1日を追ったもの。
上級生が新入生をいじめる恒例の儀式があったり、教室にボング持ち込んでハッパ吸いまくってたり、パーティーをもくろんで頓挫したり、ラリッてドライブしたり、まあちょっとふざけた高校生の1日って感じ。

いじめとかドラッグがバンバン出てくるわりにそれを特別な目線で描くわけでもなく、他のことと並列にあっけらかんと描いているので、暗さはまったく感じさせない。あと、KISSとかエアロ、ディープ・パープルの音楽がガンガン使われてるのも、ポイント高い。ベン・アフレックやミラ・ジョボビッチなんかもこっそり出演してる(93年公開だから彼らがまだ売れる前でしょう)。あとどうでもいい話だが、この映画に出てる赤毛のオタクっぽい女優、マリサ・リビシは現在ベックの嫁である。

リンクレイターの描く世界は、興味のない人から見ればホントにどうってことないものなんだが(わかりやすい盛り上がりがないし)、好きな人間にとっては、「あ〜極楽。極楽。ここのお湯はいいねえ!ずっと浸かっていたいわぁ」という種類のものなのだ。ロック的ドロップアウト目線と、哲学、ロマン、ユーモアのミックス加減がたまらない。

リンクレイターの3作目"Before Sunrise"は本当にすばらしいので、たくさんの人に観てほしい。

「恋人までの距離(ディスタンス)」という陳腐な邦題のせいで、観る人がすごく少ないと思うんだけど、恋愛映画嫌いにこそ強くオススメしたい。イーサン・ホーク扮するアメリカ男とジュリー・デルピー扮するフランス女が列車の中で出会い、ウィーンで恋に落ちるという物語をドキュメンタリータッチで撮っていて、2人の会話中心に話が進んでいく。死生観や恋愛観や神秘主義的なことにまで話は及ぶんだけど、フワーッとなったりキュンとなったり。ものすごく微妙なバランスで組み上げられていて、陳腐にもイヤミにもなりかねないところを、すんでのところですばらしくまとめあげてる。グッと来るシーンがいっぱいあって、"あの頃ペニーレインと"とか"BUFFALO '66"あたりが好きな人なら、まちがいなくヤラレます。ついでに書くとこの映画、95年のベルリン映画祭で銀熊賞を受賞してるのだ。

なんでも最近この映画の続編が撮られたそうで、アメリカではもう公開されているらしい。タイトルは"Before Sunset"。前作は夜明け前で今回は日没前か〜。ってことは、今回はセクシーな展開にはならないのかしら?

ホント、日本ではあまり知られてないこの素晴らしい監督のことを、わたしはもっと宣伝したい!とはいえ、最近大ヒットした"スクール・オブ・ロック"は、ぜんぜん乗り切れなかったのであった・・・・・。
# by aomisa | 2004-07-16 21:49 | 映画・アート・音楽・本
YesとSunsetとSunrise
YesとSunsetとSunrise_a0034031_22236.jpg
先週末もサーフィン漬けだった。

7月10日土曜日

午後5時すぎ、海岸に到着するなり大きな虹が目に入る。
江ノ島の真上から孤を描き、半分雲に隠れながら藤沢市街の方までスーーーッとのびている。海側の空にはあらゆる種類の雲が広がり、波の表面はごつごつした岩のように荒れていて、神経質な彫刻のようだった。なんだか現実感のない風景だ。

今日はマイボードデビューの日。コーチはまだロングボードで練習させたがっていたようだったけど、ぜひマイボードを使ってみたいと言ったらOKが出た。ストレッチして海に入る。見た目の荒れた雰囲気とは裏腹に、海の内部は穏やかで水温も高く、とても心地よかったので驚いた。こういう女の人いるな、と思った。表面はきつそうに見えるから敬遠されがちなんだけど、深くつきあうと驚くほどに優しく、包み込むように人と接する人。悲しいことに、たいていは誤解されたままなんだよね。

はやる気持ちでさっそく最初の1本に乗ってみる。しかし、ロングボードと比べると安定感は弱く、長さにも慣れないためかとまどうばかり。思えばロングボードって、技量のない自分をカバーしてくれるお父さんのような存在だったんだなあ。これからは、本当の意味で自分の身の丈で勝負しなくてはならないのだ。

何度もワイプアウトを重ねてへばる私に、コーチはチョコチョコと休憩をとらせてくれた。そして私が休んでいる間、板を試乗しまくるコーチ。私が休憩を取り終わって海に戻ると、一言。

「いやーヤバイよ、この板。ヨダレものの板だね」
「ヨダレものでした?!」
「ああ、すんごい、いい板。細かい動きもぜーんぶひろってくれるし」
「じゃあ、この板に見合うようにうまくならないといけないですね」
「いや、そんなことしなくて大丈夫。板が教えてくれるよ」

板が教えてくれる・・・・・そんなこと、今まで考えてみたこともなかった。そうか。そういうものなのか。今後この板に自分は全信頼をあずけ、共に海でやっていくのだと思うと、泣きそうになった。人生のパートナーに出会ってしまったかのような。この板からは、いろいろ勉強させてもらうことになるだろう。

それにしても今日は不思議な天気だ。天気雨は10分おきに降ったりやんだりをくり返している。東側には江ノ島と虹。西側にはくっきりと輪郭の浮きたった山吹色の夕日。薄日がさして、また陰る。そのたびに風景が変わる。目まぐるしく。

そんな光景を見ながら波待ちをしていたら、聴き覚えのあるギターとドラムが頭の中をかけめぐった。ん、これは・・・・Yesの"Heart of the Sunrise"だ!波を待つシチュエーションと、この曲の感じはとても似ている。何かが迫り来る感じ。時とともに緊張が増していき、一気にはじける感じ。違うのは、今はSunsetでこの曲はSunriseだということ。

沖を振り返る。波は、まだ来ない。ベースがゆっくりと前半のフレーズを刻む。規則的に入るシンバルとハイハット。彼方からせり上がってくる、シンセサイザー音。ゆっくりと、ゆっくりと。そして徐々に音量を上げて。ギターのリフがかぶさる。波も同時に近づいてきた。あれだ。あの波に乗ろう。いや、まだ早い。1本、2本、3本とセットをやりすごして、4本目の波。30メーター、20メーター、10メーター・・・・・・・・

そこから先は、怒濤のサビ。ギターがうねる。ドラムが暴れる。さらに波が近づく。板に乗る。パドル。ギターが速くなる。背後に波の音。パドルの速度があがる。血糖値が上がる。ギターの速度も増す。ドラムロール。板が押し上げられる感触。来た!クライマックス。ズダッ、ダッ、ダッ、テイクオフ!


次の瞬間には、波の上をスーーッと滑っていた。
重力から解放され、気持ちはおだやか。心に染みわたる夕日。ああ、なんて幸せなんだろう・・・。
# by aomisa | 2004-07-14 22:24 | サーフィン
極上チルアウト
軽く手足をストレッチする。

メディテーション用のインセンスに火をつける。

コンポにドアーズのCDをセットする。

部屋の明かりを暗くし、床に横たわりヨガの大地のポーズをとる。手にはリモコンを。

そのまま目を閉じ深呼吸して、

まぶたの裏側の赤や紫や青や緑の不規則に変わる模様をぼんやりながめながら、

めまぐるしく変わり続けるシンセサイザーの音律に意識を合わせ、

自分が音のつぶになって動いているところを想像してみる。

黄泉の国から響いてくるかのようなジム・モリソンの声にも時々意識を合わせてみる。

次第に自分がどこの国にいてどういう顔をしていてどのような肩書きを持っているか

そういういっさいのことを忘れかける。

自分と空気の境界もあいまいになる。

あっ・・・・何かが・・・・・・・!・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・



そうなりかけたところで、たいていはお腹がすいていることに気づいたり、

ほっぺたがかゆくなったりして現実の世界に戻ってきてしまう。

いつだってそうだ。


しかしサーフィン後の全身筋肉痛+疲労廃人状態には、最高のチルアウトと言えよう。

曲は"Light my fire", "Riders on the storm", "The end" が最適。
# by aomisa | 2004-07-13 22:36 | 映画・アート・音楽・本



イラストレーター・アオノミサコのBlog
by aomisa
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
★月刊PHPにて猫の漫画とショートエッセイ連載中

★LAURIER PRESSにて女子向け漫画&コラム執筆中

★LINEスタンプ「きまぐれデビルちゃん」発売中!


★コミックエッセイ「五感ゆるゆる わがままセラピー入門」発売中


紙媒体・Webなどでイラストや文章、漫画などを描いてます。

日々の雑感。ホリスティックな生活。美容。猫。読書・音楽・映画・アート感想記。お仕事の告知 etc

★メインサイト aonomisako.com
★twitter @misakoao
★別ブログ
鏡の国のタロット

※本ブログのイラストの無断使用を禁止します。イラストの著作権は作者に帰属します。(ブログで記事として取り上げていただくぶんには、OKです)

カテゴリ
映画・アート・音楽・本
サーフィン
宇宙トーク
美容・健康トーク

Girls! Girls! Girls!
キラ☆キラ
お仕事情報
日記
つぶや記
さまよい記
プロフィール
その他
以前の記事
2019年 08月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 02月
2017年 03月
2016年 12月
2016年 09月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧